カテゴリー「科学」の記事

Todo Yoshimasu as a Student

"Commemoration of Todo YOSHIMASU"

Published on 10 November 1973 in commemoration of the bicentenary of Todo YOSHIMASU

Todo YOSHIMASU as a Student

                    Yasuyoshi NISHIMARU[西丸,和義], M.D.

Students are truth-seekers, who pursue truth or what is correct persons who continue to proceed toward this goal all through their life.

Students, therefore, should continue to have a desire and a strong enthusiasm to seek truth. They should be mentally prepared,  that is,  have a philosophy,  for this cause. Students document for posterity what they have pursued all through their life. Their course of life should strongly influence their juniors and serve as a guide to people of other fields of science as well. These would be people who are called top-class characters from the world-wide point of view.

If we should seek such a man among the Japanese, he would be no other person than Todo YOSHIMASU[吉益,東洞] himself. This is clear from the complete collection on Todo and other books by Shuso KURE[呉,秀三] and Yu Fujikawa[富士川,游], the pioneers of Geibi[芸備] Province[today Hiroshima Prefecture].

Seeking truth

With reference to seeking what is true, Todo[東洞] stated, “Neither heaven nor sage exist without truth.”

Enthusiasm

As to his enthusiasm for seeking truth, when at the age of 42 years he fell into needy circumstances with his rice box empty and having his parents and younger sister to support, he declared, “It is destiny whether we become poor or wealthy,  and nothing we need worry about. If Heaven really does not want to lose medicine, it will never allow me to starve to death. No matter how poor and needy I may become, I will never give up my intention and disgrace my ancestors' name,” and he further stated,  “Even if I may starve to death, I would be quite satisfied if my principle is accepted in this world.” This reminds us of the following accounts of seniors. When Galen(130-210) was ordered by the Roman Emperor to accompany him to the field of battle, he refused this order, saying, “I am now experimenting on the spinal cord.” Pavlov(1849-1936) of Russia,  after all his assistants ran away as street battles began in the midst of the Revolutionary War, continued his experiment alone in his deserted laboratory, saying, “I am making a revolution myself.” The accounts of these seniors' enthusiasm for pursuing truth are perhaps the same as the accounts of Todo's enthusiasm. This shows how ardent his enthusiasm for seeking truth was.

When he was at the bottom of poverty and making dolls as a side work to barely eke out a living, Mr. Murano and other friends, unable to look on at his needy plight with indifference recommended him to Lord Sakura as his family doctor and he was accepted. They joyfully reported this to Todo but he refused,  saying, “Now I know you do not know me.” He is also reported to have said,  “I am practising and enjoying what is morally right. Why should I worry about my poverty?” This is like the following account of Dr. and Mrs. Curie of France. When they were carrying on experiments in a gloomy cellar of a night school in Paris with no regular occupation, the Geneva University saw their actual state and proposed to invite them to its completely equipped laboratory as professors, which they refused, saying, “This is the best place for our study.” Here we can see how Todo had lived making life as a student his first principle.

Mental attitude

The mental attitude for seeking truth, or philosophy for study, in his case,  is “Study of ancient lessons will help us to gain something useful.” For instance, perusal of his book “Kosho-igen[古書医言]” (Medical sayings in ancient books) shows that he seemed to have gained much from old Chinese books, especially “Roshi Shunju[呂氏春秋]”(chronicles of the Lȕ clan) and Tso's Henjyakuden[扁鵲倉公列伝] (Biography of Henjyaku[扁鵲], a noted doctor).

However, in order to succeed to the old tradition and make a step forward from it,  he had a philosophy for study,  which was, “If we stick to books too much, we will never in our life master the art,” “Nothing is acceptable unless confirmed by own experiments,  or “Preference for experimentation.” This mental attitude of his is similar to that of students in the days after Vesalius in the 16th century who took the lead in the Medical Renaissance in Europe. Harvey stated, “We should clarify truth by our own experiments, not from others' books or papers.” Jenner discovered the method of vaccination with this same mental attitude. The tradition of the Physiology Department, Cambridge University of England is “See and Do.” Six Nobel Prize winners have so far emerged from the department by this tradition, which is nothing but “Preference for experimentation.” From this, we can appreciate how great Todo’s philosophy for study is.

Documentation

The theory he thus gained was “All diseases are caused by a single “poison.” Drugs are all poisons. “Poison” is controlled with poisons. Our body becomes healthy by purging “poison.” Use of drugs does not serve to increase energy. What more is there to be said?”

Priest Honen left documented 2 days before death what he had pursued all through his life of 80 years. There is a western proverb that says “Our grave-post shows our words.” Claude Bernard(1878) said, “Life exists by homeostasis of extracellular fluid.” Like these, Todo's documentation is also very splendid.

Guidepost

This life of his served as a guide-post for his juniors not only during his life but also for 200 years after his death, as the following shows.

In guiding his pupils, he used to say, “You should not be bewitched by the fox of Chukei” and warned them not to swallow indiscriminately the writings and words of predecessors. He even said, “Don't observe the words from Yoshimasu's tongue.” These are wise words for his pupils to follow.

The “Ruijuho[類聚方]” (Medical Methodology of Collection and Classification) he wrote for people other than his own pupils became a best seller of the day. Some parts of it have been reprinted in China to serve as a “Bible” for Chinese medicine. Among the doctors who made original studies in the age of Edo,  Seishu HANAOKA[華岡,青洲],  who is internationally famous for his study on anesthesia, is a pupil of Nangai YOSHIMASU[吉益,南涯] who succeeded to the tradition of Todo. He perhaps succeeded in his scientific experiments because he learned Todo's study philosophy through Nangai[吉益,南涯] and was influenced also by western medicine.

Recently, Shuso KURE[呉,秀三], Yu FUJIKAWA[富士川,游], etc. studied Todo[東洞] and many people must have shared the recollection of Shuso KURE[呉,秀三]. who said. “After aspiring to study medicine, I have always admired Todo's[東洞] spirit and enterprise.”

The fact that votive offerings totalling 6 million yen were immediately collected in this plan to erect a monument to honor Todo YOSHIMASU[吉益,東洞] shows that even now there are many people who admire his character and look up to him as a leader.

From the above-stated, it can be said that he is a precious guide of life for not only those studying medicine but also those making other pursuits in life.

____________________________________________________________

Weblinks

____________________________________________________________

続きを読む "Todo Yoshimasu as a Student "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西丸和義“See And Do”と吉益東洞の“先物実試”

[広告]月刊誌「ナショナルジオグラフィック日本語版」

_________________________________________________

第1回瘀血総合科学研究会/昭和55年 (1980年) 2月22日 広島県医師会館にて
瘀血総合科学研究会の発足を祝して(祝辞)
西丸和義(にしまるやすよし)(日本脈管学会名誉会長)

"See And Do" と吉益東洞の "先物実試"

小川新(座長)
それでは、西丸先生がおいでになっていらっしゃいますから、ごあいさつをいただきたいと思います。先生は、お年は言わないということになっておりますが、日本の脈管学の近代の基礎を築かれた方でいらっしゃいます。若いときのケンブリッジ大学での研究の話、日本へ帰られてからの吉益東洞の“先物実試”の話をよく聞かされておりまして、我々はいつも敬意を表しているのですが、本日は、先生に何かご感想をいただければと思っております。

西丸和義
いまご紹介を受けました西丸と申します。実は私の名前は“和義”と書きます。それで、皆“ワギ、ワギ”と言うのですが、実は私の名前は“ヤスヨシ”というのです。このような研究などしないで商売をしたら、さぞかし成功する名前だと思うのです。安くてよいものを売れば、必ず成功しますから。

実はきのうお電話がありまして、第一回の瘀血学会をやるので、とにかく出てこい。出てこなければ、自動車を向けるからというわけで、引っ張り出されてきたわけです。いま座っておりますと、小川君が盛んに私の広告をするので、これでは参議院にでも立候補せいというのではなかろうかと思いながら、聞いておりましたが・・・。

第一、「おけつ」ということはよく分からないのです。それで私は、早速いただいたこのテキストを読みますと、杉原(芳夫)さんという方の定義が書いてあります。局所的な血滞症状と全身的な汚血症状からなる病的症候群だ。こういうことを書いてあるのです。ははあ、それでは多少循環をやる私にも関係があるのかなと思っておりました。[杉原芳夫:医師,病理学, 広島大学大学院環境科学研究科教授]

もうひとつのことを見ましたら、有地(滋)さんの名があったのです。何年か前に、漢方医学では組織間のことをやらなければならないのだということで私のところへおいでになりまして、私に、元気でおれというので、漢方のお茶を一箱、大きな箱でいただいたのです。まだ全部は飲みませんが。[有地滋:医師,近畿大学東洋医学研究所教授]

ああ、そうかなと思っておりましたら、ここに関西医科大学の先生で伊原(信夫)さんが、「骨盤うっ血と膠原病」ということを「漢方」という本に書いておられるのを見まして、ははあ、これはやはり有地さんがおっしゃったように、組織間が非常に関係があるのだろう、こういうことを考えたわけでございます。 [伊原信夫:医師,関西医科大学病理学教室助教授] 広島大学を定年になりますときに、ひとついままでやってきた体液循環、ハーベーの血液循環に代わって、体液循環を基本にした脈管学会というものを始めようというので、日本脈管学会が始まったわけです。

そのときは、170人が集まるのに大変だったのでした。初めのうちは演題がないのです。第3回まではだれも講演しないのです。仕方がないから、君、やれというので、その場をつくろったわけです。私などは20回のうちで13回特別講演をさせられるような状態で、やっと持ちこたえられてまいりました。

これがそろそろ脈管学というものが盛んになりまして、今日では会員が五千人近くなり、この前第20回がありましたが.演題も500題以上が出るようになりました。そして、初めの頃の助手の人、大学を出たばかりの人、今日も若い人がおいでになるかと思いますが、そういう方がこの二十年で研究に精進され、その人達の中からその後教授になられたり、方々の研究所の主任になられたりして、そして研究がまとまって、33題の特別講演ができるような状態になりました。

きよう、瘀血総合科学研究会はこれが第一回でございますから、いまお話を聞いておりますと非常に盛んで、討論も盛んですから、これは二十回をまたないで、十回ぐらいで大変な学会になるのではなかろうかと、心からのお祝いを申し上げる次第であります。

"See And Do"
なぜ脈管学会が盛んになったかと申しますと、これはそれに関連した疾患が多いからだろうと思います。脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化で死ぬものが多いので、多くの人が注意をし、勉強するようになったりではありますまいか。

ところが、今日どうも脈管学会でも、組織間とリンパ管の研究が非常に手薄なのです。これはなぜかと申しますと、病気が発見されていないのです。組織間にいたっては、ここに書いてある膠原病がアメリカのニューヨークの人が初めて言い始めまして、やっと膠原病というものが脚光を浴びてきました。考えてみますと、この組織間というものは、クロード・ベルナールが言ったように、生命の根本になるところです。彼は、人間の生命というものは組織液、いわゆる細胞外液がコンスタントに保たれるかどうかが、生命の根本で、一番大事なところなのだと言ったのでした。

リンパ管というのは、今日はっきり分かっておりますことの1つに、リンパ液を流しっぱなしにすれば、死ぬわけです。また血管とリンパ管の間は神経によって絶えずコントロールされております。

私はシンシナティー大学で五十年前に、コロイドの大家のフィッシャー教授につきましたが、組織の浮腫、edema という仕事が彼の一生の仕事なのです。ところが、幾ら血液の中に水を入れましても、絶対に組織には水はたまらないで、皆毛細リンパ管の中に入ってまいります。言いかえれば、リンパ管は血液中の水と血圧、あるいはいろいろな老廃物、そういうもののコントロールをしているところということはよく分かっているわけです。今日、リンパ球が非常に大きな仕事をしていることもだんだん分かってまいりました。しかし、どうも研究が盛んにならない。それは病気が発見されないからではありますまいか。

先年、中南米に講演に行きましたが、あそこはリンパ管の研究が非常に盛んなのです。四年前に広島でリンパ管の国際シンポジウムをやりましたが、中南米の人が一番熱心で、しかもいい仕事をしておりました。これはなぜかと申しますと、あそこにはリンパ管に関係した風土病があるのです。ですから、世界で一番初めにリンパの学会ができたわけです。どうしても病気の発見をしてもらわないと、研究が盛んにならないのではありますまいか。きようは臨床家の方が多いようでありますから、ぜひ組織間およびリンパ管の病気を発見していただきたいと思います。

こういう研究の、全然いままで人が気が付いてないこと、あるいはいままで真理だと考えていることを訂正するような研究はどうしたらできるでしょうか。私がおりましたケンブリッジ生理学教室の創立者フォスター[Michael Foster,1836-1907]は、百年前に初めて英国で生理学というものを始めた人です。この人の書いた14〜16世紀の生理学を主体にした本を見ますと、昔の生理学者というのは皆臨床の医者で、専門家はほとんどいないのです。英国でさえ百年前に初めて生理学の専門家ができたのですから.皆臨床家です。臨床家が生理的な研究をしたものを集めたのですから、これは臨床家の歴史です。

これを見ますと、彼の言っていることは、いま真理だと考えていることは百年先では笑いものになるものもある。そこで現在私たちが真理だと思っているものの多くは間違いりものだというわけになります。一番間違いのないものは何かというと、研究に対する心と研究者の生活態度である。ですから、本当の研究というものは、研究に対する心、言いかえれば philosophy とその人の精進の心が研究を全うするため大切なのだということを、この本は非常によく教えております

それでは、どうしたらいままでだれも知らないものを見つけることができるのか。あるいは、いままでの間違いを訂正することができるのか。これには、例えばケンブリッジではフオスターは "see and do" ということを言うのです。即ち "Don't think too much” 思ったらすぐやれ。人が何と言おうが、本に何と書いていようが、そんなことはどうでもいい。気が付いたらすぐやれというのです

これがいかに大事かといいますと、ケンブリッジで私は二年余り、イギリス、イタリア、ドイツ、ソ連、アメリカ、オランダ、方々の人々と一緒に勉強しました。しかし、彼等は俗に言う頭がいいとは思いません。あまり頭がいいといけないので、私がシンシナティで一緒におりましたグスタフ・エクスタイン[Gusutav Eckstein]という野口英世の歴史を書いた人がいましたが、この人は頭が非常にいい。何かやろうと思うと、それはこうなってこうなるというので、やめてしまうのです。ですから、ある意味では鈍でなければいけないようです。あまり頭がいい必要はないのでしょう。

ケンブリッジの生理にはいつも十人ぐらいしかいない、小さな研究室ですが、それがいままでに7人がノーベル賞をもらっているのです。これは "see and do" によるもので、研究費でもなく、研究装置でもないのです。即ち気が付いたらすぐやる、人がどう言っていようが、そんなことは構わない、すぐやる、これなのです。これはいかにこの考えが大事かということをよく証明していると思われるのです。

なぜフォスターがこういう考えを持ったかといいますと、それまでは英国でも内科の医者が生理の講義をしていたのでしたが、それが彼が英国で初めて生理学でフランスのクロード・ベルナールの教室へ一年半留学させられましたからでした。皆さんご存じの『実験医学研究序説』(邦題『実験医学序説』)を書いたこのクロード・ベルナール[Claude Bernard]が、人が何と書いていようが、そんなことはどうでもいい、先入主にとらわれないで、ただ自然の声を聞いて書きつけるだけだ、と言いました。彼はこの心で、いままでハーべーが血管というものは血液の管にすぎないと言いましたが、とんでもない、そこにはコントロールする神経があるということを発見した人です。  [『実験医学研究序説』1865年出版]

何も彼はそのようなものを発見しようと思ったのではないのです。ウサギで脳の実験をしていて、交感神経を出して切りました。そうしたら、幸いにも白いウサギで、耳が目の前にあったわけです。その時耳の色が真っ赤になりました。びっくりしてあっと思ったのでした。これが自然の語るを聞いたことになりました。今度は刺激したら、白くなりました。これが.血管運動神経を発見したゆえんなのです。フォスターはこの研究室に一年半いたのが自分の一生を支配したと言ってます。これは非常に大切がことでから、人が何と言おうが、どうでもいいわけです。ハーベーも、自分は人の本から学んだのではなくて、心臓から学んだということを言っております。

次に、テーマができる、きっかけができる。きっかけができたらどうするかというと、これは実験方法を考えることが大事なのです。人のやった実験方法でやれば、同じことが出るのはあたりまえです。もし間違っていたら、どちらかが間違っただけの話です。ハーベーもそれはちゃんと本に書いております。いままでのような生体解剖をやったのでは五里霧中だ、心臓の収縮は神のみぞ知る、と書いています。そこで考えを変えて、動物とか、そういうようなものの比較生理、比較実験によって初めて迷霧が晴れたと言っています。ですから、皆さんはきっかけを得たら、何か実験方法を考案しなければらないということを教えているわけでありましょう。

ハーべーはまたこう言っております。心ない人と論争するな学会というものが一番大事なのは、お互いに積み立てのために、協力するための討論をしなければならない。やっつけるための討論をしてはいけない。ですから、あなたはそう言われたが、こうやったらいかがでしょう、ああやったらいかがでしょう、という話が出なければ、学会の意味はない。これはハーベーがよく言っております。

"先物実試"
広島以外からおいでいただいている人もたくさんとのことですが、実はぜひ聞いていただきたいことがあるのです。ご承知とは思いますが、広島市内の銀山町というところで吉益東洞が二百五十年前に生まれたのでした。ご承知のように、吉益東洞は全然西洋医学の影響を受けておりません。その息子が吉益南涯で、その弟子が華岡青洲です。華岡青洲はむろん西洋医学の影響を受けて、ご承知のように世界に先がけて麻酔で手術したわけです。

この吉益東洞が広島におりまして、三十七歳で自分が実験しないものは信じない。本に毒されては病人が治せない。自分は京都に出て、天下の医者を教育する、という考えを持ったわけです。そうしなけれぼ患者が救えないといって、彼は 京都に出ましたが患者が来ないので、飯も食えない。八年間人形作りをして、やっと糊ロをしのいだわけです。

この吉益東洞が広島で考えたことはどういうことかといいますと、先物実試、まず物を先に試せ。これは "see and do" と同じことなのです。彼は張仲景の直系で古医方です。それが、張仲景のキツネにばかされるな、吉益の舌も守るな、こう言ったのです。これはちょうどクロード・ベルナールの言う先入主にとらわれないということです。こうして弟子たちを養成しているのです。

五十年前ですが、私はケンブリッジから "see and do" で鬼の首でもとったように思って帰ってきたわけです。あるとき我々の先輩の富士川游先生の展示会を見まして、この吉益東洞のことを知ってびっくりしたのでした。なにも英国まで行くことはない。 広島の地にこういう人間がいた。言い換えれば、先程お話がありましたが、漢方医学においても、西洋医学においても、同じことなのでしょう。いわゆる研究に対する態度というものは同じことだいうことを、しみじみ感じます。

そして、吉益東洞の息子の南涯が、おやじの「万病一毒」という概念を敷衍しまして、『気血水辨』という本を書きました。この気血水辨というのは何かといいますと、食べ物が肺臓で気になる。体の表面近くは水がある。切れば組織液が出ますから、彼は水と思ったのでしょう。奥のほうには血液がある。気が心臓でこれに乗って全身を循環するというのです。ハーベーとは全然関係なしに考えたのです。そして、これがよどんだり、逆行すると病気になる、こういうことを言ったわけであります。

漢方医学における体液循環、血液循環は中国医学にはありません。これは東洞・南涯が言い出したのでした。こうしたことは 広島が発祥り地で、しかも研究に対するこの態度も 広島が発祥の地でではありますまいか。いままで杉田玄白とか、いろいろな人が漢方医として有名ですが、しかし、こういう人の多くは医学を解説しただけなりです。あるいは輸入しただけなのです。

医学の研究というものを本当に教えたのは、あるいは現在でも吉益東洞以外にはいないのではないかと思うくらいで、私たち広島のものは非常にこれを誇りにしております。こういう素地が広島にはあるわけであります。どうぞこれをひとつ覚えて下さって広島からお帰りくださいますよう、これはの宣伝でございますから悪しからず。先程小川君が盛んに私を宣伝しましたから、私は吉益東洞を宣伝いたします。

釈迦に説法のようなお話しをして申しわけありませんが、これが第一回だというので、研究の心構えについて平素私の思っていることをお話しいたしました。将来この会が大変に盛んになるということをお祈りをしまして、この話を終えます。皆さん、どうもありがとうございました。(文責小川新)

小川新
どうもお忙しいところ、ありがとうございました。我々のために、philosophy、research などいろいろな貴重な話をいただきました。自ら実践してこられた道を淡々と語って、我々を励ましていただいたものと非常にありがたく、感謝しながら聞かせていただきました。

(終わり)

瘀血総合科学研究会の発足を祝して(祝辞)
西丸和義(にしまるやすよし)(日本脈管学会名誉会長)
第一回瘀血総合科学研究会/昭和55年 (1980年)2月22日_広島県医師会館にて

西丸和義:医博,広島大名誉教授,平成2年5月15日卒93才

_______________________________________________________________

[広告]月刊誌「ナショナルジオグラフィック日本語版」

| | コメント (0) | トラックバック (0)