カテゴリー「オランダ医学」の記事

西流・阿蘭陀外科免許状(天和二年1682年)

西流・阿蘭陀外科免許状 (小川古医書館蔵)

■西吉兵衛が西道庵に与えた免許状を西道伴に授けた外科免許状(天和二年[1682年])

Nisiryunanbanmenkyo1

 醫有内外兩科。猶、車有兩輪。若、夫癈其一、則、豈保其生命乎。歴代明醫、所編集外科書流傳至于今者、不為不多矣。尤(もっとも)、雖(いえども)盡服薬之微、未盡敷薬之妙。故患瘡瘍者、咸怠于敷貼之藥徃徃夭死者不寡也。嗚呼、可嘆哉。間、南蛮阿蘭陀兩科盛行于世。誠國家保民命之一助也。抑、兩國爲人物天質巧伎術、自然精、鍜錬尤於外科道、深、研工力厚罄心志、是以芳誉妙手亦冠于世、其學之者無未得外治之妙也。然而世醫或有通其理者未知其事、或有知其事者未通其理、或贖求書于市自称外科者多矣。如此者、專切破突押之術、未知寒熱補瀉之理、譬、盲人、騎瞎馬、闇夜如臨深淵殆哉。
 予自弱冠師事于沢野忠菴學言語且外科向于立歳奉 公命勤象胥之役。故又學外科某切琢年久一且豁然初貫通其理。蓋今、學之者容易欲得之、非啻(ただ)無益治療、復戕賊人而已(のみ)。實豈不幾。以刃殺人。不可不謹。 于兹西道菴、深有外科志、托予學既有年、故口傳心術授之無所遺漏。後人、有欲學之者、斟酌其志意、推明其生質、以可有傳授之也。敢、以其近不可忽之。  
        西吉兵衛尉
   天和二年仲秋上旬
        西氏道菴 花押 印
     西道伴雅丈

________________________________________________________________

 医に内外両科有り。猶ほ車に両輪有るがごとし。若し夫れ其の一を廃すれば、則ち豈に其の生命を保たん乎。歴代の明医、編集する所の外科書流伝今に至る者、多からず為さず矣。尤(モットモ)、服薬の微を尽すと雖(イエドモ)、未だ敷薬の妙を尽さず。故に瘡瘍を患らう者、咸、敷貼の薬を怠り、徃徃夭死の者寡からざる也。嗚呼嘆く可き哉。間、南蛮阿蘭陀両科盛に世に行る。誠に国家民命を保つの一助也。抑も両国人物天質伎術に巧、自然に精しく、尤外科道に鍜錬し深く、工力厚罄心志を研き、是を以て妙手を芳誉すること亦世に冠たり、其の学ぶ者未だ外治の妙を得ざる無し也。然れども、世の医、或は其の理に通ずる者有、未だ其の事を知らず、或は其の事を知る者有、未だ其の理に通ぜず。或は書を市に買求めて外科を自称する者多し矣。此の如き者、切破突押之術を専らにし、未だ寒熱補瀉之理を知らず、譬えば盲人瞎馬に騎り、闇夜に深淵を臨むが如し、殆(アヤウキ)哉。
 予弱冠より沢野忠庵に師事し言語且外科向を学び、歳立ちてより公命象胥(通弁のこと)の役を勤め奉る。故にまた外科某を学び、切琢すること年久しく一且豁然として初めて其の理を貫通す。蓋今、之を学ぶ者容易に之を得んと欲するは、啻(タダ)治療に益無きのみならず、復人を戕賊するのみ。実に豈にすくなからずや。
 刃を以て人を殺すは謹まざる可からず。兹において西道庵、深く外科の志有り、予に托して学ぶこと既に年有り、故口伝心術之を授くるに遺漏する所なし。後人、之を学ばんと欲する者有る、其の志意を斟酌し、其の生質を推明し、之を伝授することある可き也。敢て其の近きを以て之を忽ちにす可からず。  
      
       西吉兵衛尉

  天和二年仲秋上旬(1682年)
 
       西氏道庵 花押 印

    西道伴雅丈

________________________________________________________________

続きを読む "西流・阿蘭陀外科免許状(天和二年1682年)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿蘭陀外科楢林一流家伝書(3)

阿蘭陀外科楢林一流家伝書(三)

阿蘭陀薬油之集解
(小川古医書館所蔵)

Orandageka_narabayasi_3_2

記載されている薬油など(記載順)
1.ヲヽリヨロウサアロン
2.ヲヽリヨカモメリ
3.ヲヽリヨレリヨウロン
4.ヲヽリヨイヘリコン
5.ヲヽリヨロンフリコウリヨン
6.ヲヽリヨラウリイネ
7.ヲヽリヨアマンドロ
8.ヲヽリヨベツトロアマントロ
9.ヲヽリヨベツテハンデハルセキ
10.ヲヽリヨハツハアブラス
11.スビリサアリス
12.スヒリトサアリスアルモニヤアシ
13.スヒリトスコルニサルウヱ
14.スヒリイトスヒツテリヨウロム
15.ヲヽリヨソリスネ
16.ヲヽリヨナアガラ
17.ヲヽリヨシナモウモ
18.ヲヽリヨアネイシ
19.ヲヽリヨヘニコル
20.ヲヽリヨカルヱ
21.ヲヽリヨケンブル
22.ヲヽリヨランアツフル
23.ヲヽリヨセネーブル
24.ヲヽリヨテレメンテイナ
25.ヲヽリヨロウズマレイナ
26.ヲヽリヨフロンヘイ
27.ヲヽリヨラハアロム
28.ヲヽリヨセロソヘール
29.ヲヽリヨマステキス
30.バルサムソルフルアネザアト
31.ハルサムソルフルス
32.金銀花之露
33.児手柏葉之露
34.松葉之露
35.車前水
36.茨丿花丿露
37.駒引草花丿蜜漬製法
38.茨丿花丿蜜漬
39.製法桑椹
40.サルホラアテヲリヨウスム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドドネウス本草図説(1)

[広告]月刊誌「ナショナルジオグラフィック日本版」

________________________________________

ドドネウス本草図説(全3冊)
小川古医書館蔵

度度涅烏斯本草図説/原書者;レンベルトゥス・ドドネウス、REMBERTUS DODONAEUS、Rembert Dodoens,/図版を模写したもの

Dodoneusu_honzo_zustu_2

ドドネウス本草図説 第1巻より

Dodoneusu_honzo_103

Dodoneusu_honzo_104_2

Dodoneusu_honzo_105_2

レンベルト・ドドエンス, Dodoens,Rembert [1517-85](ラテン語名レンベルトゥス・ドドネウス):ベルギー生まれ、医師、本草学者、ライデン大学教授。1554年『本草書』(フランドル語)を刊行した。『本草書』として、1659年にオランダ商館長から将軍に献上。(「水尾一郎の自然誌」より)

[Dodonaeusの日本語表記;度度涅烏斯,独度涅烏斯,独々涅烏斯,ドドネウス/Dodoensの日本語表記;ドドエンス]

______________________________________________________

[広告]月刊誌「ナショナルジオグラフィック日本版」

_______________________________________________________

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿蘭陀外科起回明鑑巻一

阿蘭陀外科起回明鑑巻一

吉永升庵[著]・吉永升雲[書] :全7巻、7冊

Orandagekakikai100r0018019

・小川古医書館蔵

続きを読む "阿蘭陀外科起回明鑑巻一"

| | コメント (0)

「西客対話」 石川玄徳 録(再掲)

[広告]月刊誌「ナショナルジオグラフィック日本版」

_____________________________________________________________

「西客対話」 石川玄徳(一橋医官)

出島商館医官との会見記録

  1. 寛政六甲寅年五月(1794) 
  2. 享和二年壬戌三月(1802)

R154seikaku_taiwa01_4

■1.西暦1794年5月下旬(寛政6年4月下旬)、江戸参府中の“オランダ東インド会社”出島商館長一行と日本人医学者との会見記録。

寛政六甲寅年五月(1794)の会見に参加した人物と日時の部分を抜粋

四月晦、月池桂川法眼と共に二人なり、舌人加福安治郎今村金兵衛通訳す。
五月二日、余一人接問に至る金兵衛通弁す。
五月五日、桂川甫周、栗本瑞見、佐藤幽仙、大槻玄沢、宇田川玄随、余玄徳六人なり。

また、この時の日本側医師による会見記録には、石川玄徳の「西客対話」の他に、大槻茂質による「甲寅来貢西客対話」 がある。

この「甲寅来貢西客対話」は寛政六年五月四・五両日の記録である。

大槻茂質による「甲寅来貢西客対話」は、《早稲田大学 古典籍総合データベース、「西客対話 / 大槻茂質 録」》より閲覧できる。

Seikakutaiwa1794sanka

■2.享和二年壬戌三月(1802)の記録

“オランダ東インド会社”出島商館 医師レツテキとの問答

冒頭文より

・・・ 西医レツテキト問答セシ事ヲ記載セリ (享和二年)三月二日 旅館長崎屋源右衛門カ家ニ於テ初メテ西洋人対面ス 姓名下ニ挙ルカ如シ 外科レツテキハ往年戊午ノ歳ニ初テ東都ニ来リ今年又来貢ス 音写ニ一萬里外知己アルモ我邦ノ馨徳ノ厚キ餘光ニアラスヤ 暗ニ一聨ヲ賦シ得タリ 五大州中慕馨徳一万里外存知己

西洋人姓名
 加比丹役者 (姓)ウルレ厶 (名)ワルデナル 齢四十一
 書記役者 (姓)マルテン (名)マツク 齢二十一
 外科医師 (姓)ヘルマニス (名)レツテキ 齢三十三

【補注】往年戊午ノ歳:寛政十年、西暦1798年

「西客対話」 石川玄徳

小川新所蔵[小川古医書館蔵] 本文二十八丁

Seikaku_taiwa02_3

Seikaku_taiwa03_4

Seikaku_taiwa04_3

byささふね

____________________________________________________________

[広告]月刊誌「ナショナルジオグラフィック日本版」

_____________________________________________________________

| | コメント (0) | トラックバック (0)