« 癌は治るか(癌臨床の現場から) | トップページ | 阿蘭陀外科起回明鑑巻一 »

昭和20年8月、被爆した楠木

____________________________________________________________

[広告]月刊誌「ナショナルジオグラフィック日本版」

_____________________________________________________________

昭和20年8月、被爆した楠木

■広島流川教会の被爆楠木

Hibaku_kusunoki1

Hibaku_kusunoki2

(小川早苗所蔵)

昭和二十年八月六日 
広島原子爆弾記念

此樹幹は楠木にして 
もと広島流川教会の園在に繁茂しありしが 
原爆に依り焼けて枯死せし事なり 
其の樹幹半面の黒焦げたるは 
原爆中心地に向へる面なり

仝教会谷本清牧師は
昭和二十三年十月渡米し昭和二十五年一月帰国せられたるが
其の間米国各地を行脚し原爆講演を続けられしなり 
其の渡米に際しこの楠板を携行して彼地にて十字架を製作して彼地の教会に寄贈せられしとなり

  昭和二十五年一月
  小川早苗誌

===============================

Atomic Bomb_"This is what truely happened on August 6, 1945..."

■東トルキスタン East Turkistan -Japanese Version 2-

Bannar011_3

____________________________________________________________

[広告]月刊誌「ナショナルジオグラフィック日本版」

_____________________________________________________________

|

« 癌は治るか(癌臨床の現場から) | トップページ | 阿蘭陀外科起回明鑑巻一 »

原子爆弾(原爆)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208481/41316562

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和20年8月、被爆した楠木:

« 癌は治るか(癌臨床の現場から) | トップページ | 阿蘭陀外科起回明鑑巻一 »