« 気と肺癌 | トップページ | 医は意なり »

新生児の胎便“かに屎”

新生児の最初の黒い便を「胎便」というが、古くからカニ便、カ二屎、カニババなど呼んでいた。

古来より出産、産児に関わる言葉に“かに”という語を付けつてきたが、その一つが“かに便”、“かに屎”、“かにばば”である。

ではなぜ“かに”なのだろうか?

「日本書紀」の神代の物語にある神武天皇の父の出生にまつわる話によると、

山の神“彦火尊”(ヒコホノミコト)、山幸彦は海の神の娘“豊玉姫”を妻とした。出産間近、山幸彦が海辺に産屋を急ごしらえしたが、鵜の羽を葺き終わらないうち、ワニ(鮫)になった母豊玉姫から元気な男の子が生まれた。名付けて彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)とした。また「古事記」では天津日高日子波限建鵜草葺不合命(あまつひたかひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)となっている。

名が示す通り、渚の産屋が完成するのを待ち切れず活きよく生まれた元気な子であった。

「古語拾遺」の一節に

“天祖彦火尊、海神の女豊玉姫命を娉(ま)ぎたまひて、彦瀲尊を生みます。誕育したてまつる日に、海浜に室を立てたまひき。時に掃守連が遠祖天忍人命、供へ奉り陪侍り。箒を作りて蟹を掃う。仍りて、鋪設(しきもの)を掌る。遂に職となす。号けて蟹守と曰ふ。”

とある。

天忍人命(アメノオシヒトノミコト)は蟹を産屋に掃き入れたのだが、なぜ掃き入れたのか?

蟹の脱皮は命の再生であり、その蟹のもつ霊力の借り元気で丈夫な子が誕生の手助けをしたと言うことであろう。

また最初の黒い胎便は脱皮を連想させるものかも知れない。この胎便を出し切ることで真の脱皮を果たし完全に生まれ変わるという事を古代人は感じていたのであろう。

出産、新生児にかかわる言葉に蟹を付けるのは、「元気でありますように」という祈りが込められているのです。

私の勝手な推測ですが、

鳥には聖なるものを守護する霊力があると古代人は感じていた。例えば聖なる神社を守る鳥居のように。

鵜草葺不合命の誕生の時、鵜の羽を葺(ふ)いて渚に産屋を建てたのですが、聖なる水の神豊玉姫を守るには水鳥鵜の羽が相応しいということではないのか。

ーbyおがわさかえ

【関連事項】

“胎毒下しのすすめ” 

“乳幼児のアトピー性皮膚炎”

■古語拾遺(こごしゅうい)■
日本の歴史書。奈良時代の官人・斎部広成(いむべのひろなり)が大同2年(807年)に編纂したもので、全1巻からなる。
忌部(いむべ)氏の歴史と職掌からその変遷を述べられている。
天地開闢から天平年間(729年ー749年)までが記されており、記紀には見られない斎部氏に伝わる伝承も取り入れられている。
また祭祀が中臣氏(藤原氏)に集中しているのは不当であると述べ、斎部氏の由緒を明らかにしている。

|

« 気と肺癌 | トップページ | 医は意なり »

コラム」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208481/14775539

この記事へのトラックバック一覧です: 新生児の胎便“かに屎”:

« 気と肺癌 | トップページ | 医は意なり »