小川新 新論 (目次)

医療

 

瘀血および瘀血関連の腹証について

 

腹証の歴史と意義

 

癌は治るか(癌臨床の現場から)

 

下腹部瘀血と腰椎骨盤のX線像について

 

肝疾患の臨床_特に肝癌・肝硬変

 

腹証の問題点

 

なぜ「統合医学」としたのか

 

老人病と瘀血~経時的観察による予防と治療について

 

『傷寒論』『金匱要略』を軸とした弁証論治の世界

 

『素問』「痿論篇」の病態認識と治療~現代脊髄神経,病学の問題点

 

胸腹証論 続「古今腹証新覧」其の一(第1回)

 

胸腹証論 続「古今腹証新覧」其の一(第2回)

 

胸腹証論 続「古今腹証新覧」其の一(第3回)

 

古典医学研究の問題点、特に腹証について

 

催瘀血因子

 

四物湯及び類方の腹証

 

昨今の“東洋医学界”

 

明治20年の「薬価治療代金表」

 

広島藩における医学起証文(起請文)について

 

胎毒

新生児の胎便“かに屎”

 

胎毒下しのすすめ

 

乳幼児のアトピー性皮膚炎(胎毒下しを中心に)

原爆

原子爆弾傷、特に放射能症の民間療法「伝承の英智」 

 

Illnesses
Caused by A-bomb Radiation and Folk Remedies for them

 

昭和20年8月、被爆した楠木

 

吉益東洞[YOSHIMASU Todo]

「吉益東洞顕彰碑 」広島大学移転の経緯 [new]

 

西丸和義“See And Do”と吉益東洞の“先物実試”

 

YOSHIMASU
Todo As a Clinician

 

Todo Yoshimasu as a Student

 

  Writings[Todo
YOSHIMASU]
 

 

阿蘭陀医学(小川古医書館所蔵)

「西客対話」 石川玄徳 録(再掲) 

 

ドドネウス本草図説(1) 

 

阿蘭陀外科起回明鑑巻一

 

阿蘭陀外科楢林一流家伝書(3)

 

西流・阿蘭陀外科免許状 (天和2年1682年)

 

 

その他

小川新の人となり

 

小川清介のこと-「老いのくりごと」より “幕末より明治期にかけた変動期に
於ける一医師の記録”
 

 

細胞にも“相寄る魂” 

 

ある女性行者の乳癌死

 

薬と毒/宮沢賢治「よく利く薬とえらい薬」

 

信仰と癌“牡蛎養殖老人の胃癌” 

 

気と肺癌

 

「雨亭」 大田南畝

 

草津村西氏医系のあらまし

 

小川古医書館

 

江戸時代から明治中期の阿蘭陀医学・東洋医学・西洋医学・本草などの書

 

「小川古医書館」入口

 

コメント

この記事へのコメントは終了しました。